閉じる

※ RoHS指令

EUで始まった特定有害物規制が世界へ広がりを見せ、「電気・電子機器における特定有害物の使用制限」指令(RoHS指令)が、2003年2月発効、EU 加盟国の国内法制定を経て、2006年7月1日からEU25カ国で施行されました。電気・電子製品の生産から処分までの各段階で、環境および人の健康への影響を削減する最も効果的な方法は、有害物質を無害物質に置き換えることだとして、鉛(Pb),水銀(Hg),カドミウム(Cd),六価クロムCr((6+),ポリ臭化ビフェニル類(PBBs)、ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDEs)の6物質の電気・電子機器への使用を制限するものです。(注:PBBs、PBDEsは、プラスチックの難燃剤)

開発の設計段階から有害物質を一定量以上含有させないことにより、リサイクルを容易にし、廃棄物の無害化、削減を目的としています。 本指令は、機器メーカだけでなく、部品メーカ、材料メーカなどにも大きな影響を及ぼしています。具体的には、2006年7月1日以降にEU市場で販売する製品に対し、製品を構成する全ての部品において、上記有害物質の含有濃度をCd100ppm、残る5種は1000ppm以下とすることを求めています。2006年7月1日以降にEU市場で販売する製品は、この基準を満たす必要があります。(それ以前の流通品の使用は可。)機器製造メーカは、自社製部品の他、購入部品メーカ、材料メーカの設計、製造工程の調査、更には部品納入時に、上記有害物を含まぬことを証明する定量データ提出を求めています。 技術的に代替が難しい場合には、適用免除の規定があり、除外例が示されています。
最近の動向として、2015年までにヘキサブロモシクロドデカン(HBCDD),フタル酸ヒス(DEHP),フタル酸ブチルベンジル(BBP),フタル酸ジブチル(DBP)が規制物質として追加される可能性が出てきております。

<2015年6月現在>

※ REACH規則(Registration, Evaluation, Authorization and
Restriction of Chemicals)

REACH規則は、2007年6月1日に発効した欧州における化学物質の総合的な登録、評価、認可、制限の制度です。目的は、「人の健康と環境の保護」、「EU化学産業の競争力の維持向上」などであり、化学物質のほとんどすべてを対象としています。

年間1トン以上欧州へ輸出する化学物質や調剤は製造者が安全性を評価して登録する必要があります。高懸念物質(SVHC/Substance of Very High Concern)の含有濃度が0.1wt%を超える場合は、欧州に年間1トン以上輸出する時は届出をし、1トン未満の場合でも情報通知をしなければなりません。これはサプライチェーン全体で化学物質情報を共有化することが目的です。SVHCは発がん性など人の健康、環境への影響が懸念される物質で約1,500種有りますが、1,500種調査するのは実質無理が有るので、2007年の施行当初は15物質を対象としました。そこから漸増し、現在の対象は163物質で、今後も数は増えていく予定です。また消費者から含有化学物質情報の開示要求が有ったら、45日以内に回答する義務が有ります。

<2015年6月現在>

MENU
  • KANKOのプロモーション
  • コーポレート情報
  • 中国事業
  • CSR
  • トピックス

What is promotion? KANKO!

品質管理

私たちはどんな要求にもつねに高い品質で応えます。

○品質に対する考え方

私たちは、セールスプロモーション事業とその周辺事業を展開する中で、以下のことを通して社会に貢献できる企業を目指します。

  • クライアント企業様からの個別要求に対応した内容構成のため、納品物はそれぞれに異なります。しかし、常に品質基準の設定、品質評価方法の指定、結果の評価、不良品の扱い、不具合発生時の対応の各項目に従い、品物の品質の管理と検証を行なっています。
  • 「エコステージ」導入の宣言は、ステージが要求するステップの実行によって、クライアント企業様のCSR調達に資す考えによるものです。
  • 個人情報保護については、Pマークの要求を遵守し、法律に基づいた個人情報の取り扱いを推進します。
  • RoHS指令REACH規則などについても、遵守必要場面での品質維持、検査分析体制を備えています。
  • PL法については、ISO9000シリーズ準拠の指定取引先との継続的関係を維持し、賠償責任保険の生産物特約に加入しています。
  • 商品等の納品における、検品、セットアップ、保管、再梱包、物流などに際しては、ステークホルダー企業様との密接な関係を構築し、物流品質維持体制を構築しています。